これまでの教訓を活かす地盤からの地震対策

開催概要

開催日時 4月17日(火) 13:00~17:00(開場12:30)
会 場 中小企業会館
東京都中央区銀座2丁目10-18 AB会議室
講 演 「首都圏直下地震の原因と地震被害」
武蔵野学院大学特任教授 島村英紀氏
「過去の地震被害から地盤を検証する」
特定非営利活動法人 國際斜面被害研究機構 学術代表(東京大学名誉教授) 小長井一男氏
「地盤と建物被害」
一般社団法人耐震研究会 代表理事 保坂貴司氏
参加費 無料(要予約)

講 師

島村英紀氏  1941年11月23日東京生まれ。地震学者(地球物理学者・地震科学者)、武蔵野学院大学特任教授、日本文藝家協会会員、評論家、エッセイスト。海底地震計の世界的な権威として各国で共同研究を行うなど精力的に活動している。また多数の執筆も行っている。
小長井一男  専門分野は耐震構造学、地盤動力学。地盤・地震波・動的地盤相互作用・災害分析等を主に研究。日本や海外で起きた地震の被災地へ153回以上調査に訪問している。平成6年土木学会論文賞受賞。平成25年地盤工学論文賞受賞。各国で共同研究を行うなど精力的に活動している。また多数の執筆も行っている。
保坂貴司氏  一般社団法人耐震研究会代表、株式会社匠(なる)建築代表。既存木造住宅の診断・補強の専門家・木造建築の実践的技術者として活動し、メディアの取材も多数受け、木造住宅や耐震に関する書籍執筆も手掛けている。

アクセス

東京メトロ有楽町線銀座1丁目より徒歩1分

お申込み

お名前(必須)

ふりがな

郵便番号

ご住所 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス

会社名(※建設業者の方のみご記入下さい)

参加人数 (必須)

個別相談の希望

その他