活動内容紹介

日本の建築は今だにスクラップビルドを繰り返しております。
私共は少しでも建物を長持ちさせることを考え、耐震性は元より、耐久性の
向上も考えた調査や施工。また、業界全体のスキルアップに努めております。

建物の「耐震」に必要なこと
技術と知識の共有と啓蒙
  • 会員業者向け

    実務研修会、講習会の開催

  • 一般の方向け

    セミナーの開催

地盤・建築の専門的な内容についての各種勉強会を開催しております。実務に直結する様々な技術やノウハウの水平展開と共有の場になっております。
また一般向けに耐震診断や耐震リフォームをお考えの市民の皆様への情報発信の場として、今後の耐震診断・補強のみならず、これからのリフォームのあり方についてを中心議題とした講演会を行っております。

一般的な調査の方法

一般的な調査の方法

どちらか一方の調査のみで完結が一般的です。
(担当分野が違うので、一社で完結しない)


「問題点」

どちらに原因があるのかわからない。
「調査範囲が不十分」になってしまう。

耐震研の調査の方法

建物&地盤の調査「構造調査」

建物&地盤の調査「構造調査」

耐震研では、建物の耐震診断と地盤の調査の両方を行います。このことを「構造調査」と呼んでいます。
地震の被害は地盤の状態が問題になります。
1. どのような地盤の上に建っているのか。
2. 建物の問題点を調べる。
この2点をしっかり把握する事が重要です。
匠建築では「構造調査」により、地盤状況、建物の問題点の調査を行い、構造上の把握に努めます。

計画

「構造調査」をもとに、対象の建物に対してどのような施工を施せばいいか?を立案します。

耐震性に対する補強はもちろん、建造物としての耐久性や他の利便性も考慮し、計画を立てます。

その案の中で、実際にどのような施工を施すかをご検討いただきます。

建物の問題点を把握することで、
・ 今、どんな状態か?
・ あとどれくらい住めるのか?
・ 建物の傷み具合はどれくらいか?
・ 今後の維持費はどれくらいかかるのか?
など、皆様が抱える不安や疑問にお答えすることが可能になります。そのためにも「構造調査」をお勧めします。

施工

耐震性の向上と合わせて、今後も長く利用できるように耐久性、利便性も考え、信頼出来る技術を持った業者を紹介し、工事をスムーズに進めることが出来るよう協力をします。

耐震性を高め、長持ちさせる事を前提とした「構造リフォーム」を行っております。

お気軽にお問合せください

0120370167【営業時間】9:00~17:00(土日祝除く)